2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お薦め本

好きな音楽2

美人時計

潮見表

  • 潮見表

« 1.4東京ドーム新日本プロレステレビ観戦 | トップページ | 昨日の今日で奥利根 »

2020/01/10

中国出張でえらい目にあった件

新年早々、中国へ出張です。

しかも、今回はアテンドなしで現地空港集合。

しかも、韓国仁川空港で乗り継ぎです。

 

前日、成田空港近くのホテルまで。

上野で宇名ととのWを食ってからスカイライナーで成田空港へ。指定席はネットで購入し、改札はSUICAで。

なんだかんだと、使いこなしてる感あり。

成田空港から一番近いホテルなのだが、バスもあるが歩いたほうが早い。

確かに、外に出て、5分もあれば第一ターミナルに着きます。バスで第2第1ターミナルに向かうよりもいいです。

ホテルは少し古いですが、十分でした。

朝食が6:30からだったので、7時には空港についていないといけないので、チェックアウトしてから飯食って、少し休んで、

歩いて第一ターミナルで7:00前には着きました。

さて、ここから一人でやらねば。

まずはチェックインだが、大韓航空のアプリで自動チェックインを試みたが、乗継便が別会社の運航なので、できないと。

こうなれば、カウンターに並ばなくては。自動チェックイン機もあるが、意外と人が少なかったのでカウンターへ。

無事チェックインしたが、乗継は別会社なので注意してくださいと。今回、無印の持ち込み可能キャリーバックとブリーフケースで搭乗。ただし、大韓航空は持ち込みは12kgまでと基準アリ。ほかの会社と比べても多いほうだが、カウンターで計ったら11.9kgとギリギリだった。行は大丈夫だが、帰りは預けないといけないということだ。

定刻でテイクオフ。食事が出るが、正直、いらんレベル。韓国のオールモルツのビールが美味かった。

映画は、邦画で面白そうなものがあり。ザ・ファブル、殺し屋が1年間人を殺さずに普通の人として過ごすという内容。

これは、当たりでした。

無事、仁川空港に到着。しかし、トランジット4時間とたっぷりあり。

まずは、空港内に入らないといけないが、大韓航空は第二ターミナルだが、次の中国東方航空はターミナルではなくコンコースということ。

そんなん知らんので、第二ターミナルで安全チェックを受けようとしたら、「あんたは、ここから電車に乗ってコンコースに行きなさい」と英語で言われた。

電車?だと、いきなり関門か。と思ったら、コンコースの案内板を見ながら歩いていくと、下のほうに下がっていき、お姉さんにチケット見せると、こっちだと、電車のホームに案内してもらう。日本語で5分毎に運航とかいてある。無料の専用列車があるようだ。第一ターミナル、第二ターミナル、コンコースを電車で移動するぐらい巨大な空港。搭乗口が200番台まであるからそりゃそうか。

 

コンコースで電車を降り、上がっていくと、安全検査があり、そこを通ったら、見覚えのある巨大空港の中。

いろんな店がある。飛行機で飯は食ったが、なにせ4時間もあるので、ここは韓国料理を食うべきだろうと。

フードコートがあり、支払いがカードでできるチケット売り機があったので、これで購入。フードコート内にレシートに書かれている番号(9460)が表示されたらできた合図。高速道路のSAのフードコートと同じ感じだ。

20200107_121728668

しかし、なかなか俺の番号が出ない。おかしいな~という顔をしていたら、掃除のお姉さんが、番号のレシートを見せてみろと言ってきて、5minと言ってさっていった。そして、本当に5分ぐらいしたら俺の番号が表示。

店に行くと、いくつか料理が並んでいるが、番号の札もついているので、自分のものがわかったが、

「これ、とっていいの」とレシートを見せて、確認。一緒に注文していた水を持ってきてくれて終了。

20200107_122920240 

やっぱり、本場は旨い。キムチも酸味が気持ちいい。プルコギ定食1000円ちょっと。人気ベスト1でした。

満足したが、まだ時間はあるので、プラプラしていたが、それでも時間はあまるので、もう、搭乗口まで行くことにした。

20200107_132922680

このゲート129が・・・・・。

会社携帯:電話使えない、空港WIFIでメールOK

個人携帯:電話使える、空港WIFIでメールOK

なぜか、会社携帯のアンテナが立たない。立つはずなのに。

パソコン:空港WIFIでメールOK

パソコンでメールやネットで時間つぶし。

そして、そろそろかな~と思っていたら、なんか、様子が変。

搭乗開始時間になっても、動きなし。

出発時間になっても動きなし。

おかしいな、と思っていたら自分の名前を呼ばれた。

パスポートの情報を再確認したいとのこと。

この時に、チケットも中国東方航空のものに変更された。

俺のせいで遅れていたのか?と思ったが、他にも何人か同様に呼ばれていた。

そして、1時間たっても動きなし。

さっき話したお姉さんに、なんで飛ばないの?と聞くが、日本語はわからないようで、

「SNOW」という単語が聞き取れた。

そして、その隣のお姉さんから「煙台空港、雪で、とまってます。わたしたちもどうなるかわかりません」

とか言ってはる。

まじか、雪で飛ばないとどうなる?明日の便で行くのか、そのチケットはどうする?とか、いろいろ考えが駆け巡り、会社に電話しようとしたら、会社携帯使えないし、現地にいる先方にも連絡取れないし。

パソコンでメールを出して状況説明。さて、どうなるか。

二時間経過したころ、3時間遅れで出発すると表示された。

ほっとした。

そして、3時間後に、搭乗開始、飛びはしました。

通常、1時間ぐらいのフライトです。

なかなか降りません。

放送では、クローズとか仁川空港とかの単語が・・・。周囲の反応も、これは、降りれないのか?という感じに。

どうやら、空港上空で旋回しているようだ。

仁川に戻るかもしれない・・・やばいな~

そして、放送、20分後に着陸、とか。

どっちに、着陸するんだ。

はっきり言って、放送の内容がよくわからないので、どっちに降りるのかわからない。

そして、着陸。

したけど、やたらと、跳ねる、蛇行するで、死にそうになった。

そして止まった瞬間に「WELCOME 煙台空港」の放送。

窓から外見ると雪積もっていて、仁川ではないわ、と。

なんとかついたようだ。空港はこんな感じ。

20200107_213717402

先方の迎えの人と合流。

急に雪降ったとのこと。ここ何年もこんなに降ったことはないのに・・・とのこと。

車もノーマルタイヤとのことで、ゆっくり運転。

2時間ほどかかり、ホテルに着いたのは22:00過ぎ。

先方との食事会は当然キャンセルなのだが、ホテルの近くで食事をしようにも、田舎なので開いている店がないとのことで、

24時間営業のKFCでチキンとハンバーガー、そして、青島ビールが夜飯となりました。

20200107_231447962

何はともあれ、着けたのが良かった。いい経験だった。

次の日は仕事。朝は、滅茶苦茶食べたった。

20200108_080806735

仕事は問題なく終わり、夜の懇親会もおいしい料理と白酒で満足。

 

帰りの日も晴れていたので、問題なく帰れると思っていた・・・・・。

帰りも空港まで送ってもらったあとは一人です。

さて、チェックインはどこだ?から始まり、インフォメーションで聞くところから。日本語は通じないので、乗る便のコピーを見せて。

Aカウンターに行けと。

滅茶苦茶並んでるし。

遅いし。

イライラするわ~~~。

カウンターに人が追加され、進んだ。

チェックインOK。荷物も預けると「成田」とわざわざ声がけあり。トランジットなので、荷物も乗り換えしないといけないからね。

安全チェック、出国手続き、なんか新人に教えながらやっているようで、やたらと時間がかかる。そんなこんなで、

搭乗口まで、もう少しで搭乗開始時間なので、なんとか土産は買えるか。小さい空港なので店少ないし、物も少ない。先方にお薦めの土産はあるか聞いたが、ないと即答。なるほど、確かにこの品ぞろえでは・・・。

おっと、いきなり搭乗口が変わっている。よしよし、こんなのは想定の範囲内だ。

はやく、乗ろうぜ。

・・・・、よく見ると案内板に搭乗時間が「待定」となっている。ほかの搭乗口の案内板には時間が記載されている。よく見ると、遅れるとか書いてるな。放送でも、ほかの便含め、定刻より遅れると放送されている。

今日は、遅れもだめなのだよ

行はトランジット4時間で多少遅れてもちょうどいいぐらいだが、今日は2時間半しかない。

しかも、今回も中国東方航空から大韓航空へのトランジットなので、あの空港の電車に乗って移動しないといけない(前回の経験値)。

しかも、1時間時間ずれるのでしっかり時計を確認しておかないと。

結局、こちらも1時間遅れあたりで、突然、搭乗開始。でも、なかなか離陸しないので、2時間ほどの遅れとなり、

着陸して、ハッチが空いた時間は、次の飛行機の出発の20分前。

もう、全力疾走してもという感じなのだが、こっちも遅れている可能性もあるので、諦めずに行こうと、ハッチがあくまでに心に決めていた。

ハッチが空いて、順番に外に出ていく、さあ、スタートだ、と思った瞬間に、ローマ字での自分の名前が目に入る。

地上乗務員の方が、片言の日本語で、乗り換えの時間がないので、この後の便に変更した。トランスファーデスクに行ってくれ。という内容だった。走らなくていいんだ。

お礼を言って、ゆっくりトイレにも入り、第二ターミナルへ電車で行く。電車を降りて、トランスファーデスクを探す。案内板アリ。4階にあり。なんとか日本語が通じる人で、次の便のチケットをもらう。預けている荷物も大丈夫だろうね、と念を押し、次の便の搭乗口へ。230番。下の階に行く。ということは、やはり、バスで飛行機まで移動だ。

帰りは、韓国でも会社携帯のアンテナが立った。どうなっているんだか。

こちらは、時間通りで、よく考えたら昼飯食ってない。機内食が20:00ごろだったので、ビールが回るわ。ザ。ファブルの残りの部分を見て、音楽でチャゲアス聞いている間に到着。なんとか今日中に帰国できた。

さて、ここからも時間との闘い。もう、帰国できただけでよかったのだが、高崎まで帰れるかも微妙。

荷物がどのタイミングで出るかによるな。まさかのロストバゲッジとか、今の運気ではありえるしな。

トイレ行って戻ってきたタイミングで、ちょうど出てきた。

間に合うな、スカイライナーを予約して、そのまま搭乗。

上野でも走って、チケット買って、新幹線に乗り、0:00前に到着。家には日をまたいで到着。

いろいろな経験ができた出張だった。

事前にいろいろ調べておかないといけないなというところが反省。各種想定して準備が必要です。

3月はベトナム、4月にまた中国に行く予定なので、それまでに、どんなトラブル時にも慌てないようにしないと。

 

« 1.4東京ドーム新日本プロレステレビ観戦 | トップページ | 昨日の今日で奥利根 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1.4東京ドーム新日本プロレステレビ観戦 | トップページ | 昨日の今日で奥利根 »

天気

  • 天気

潮見表2

  • 潮見表2

プロレス研究会

お薦めの店

ウェブページ