2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お薦め本

好きな音楽2

美人時計

潮見表

  • 潮見表

« 南芦屋浜ベランダ | トップページ | すし »

2013/09/01

天国からのエール

久しぶりに泣きました。いいですね。
阿部ちゃんの映画にハズレなしですね。
桜庭ななみも可愛いし。

弁当屋が若者たちに音楽スタジオを作って夢を見させるみたいなストーリー。
ベタといえばベタだが、やっぱりこういう内容っていい。
礼儀やしつけに厳しいところもよかった。
実話をもとにしているそうだが、すごい人もいるもんだ。
それに、映画の中で歌っていた曲がなかなかよかった。最初の方で歌っていた曲が特に。

阿部ちゃんの臨終シーンは鬼気迫るものがあった。病人に見えるようにかなりやつれた感じにもなっていたし、役者魂ですかね。

しかし、DVD見て感動するたびに、ネットでほかの人の評価を見るんですが、ここまで感じ方が違うかな~という意見には正直驚きます。この映画にしても、沖縄の方言がどうだの、演奏の指使いがどうだの、はっきり言ってそこまでの細かい部分まで見る必要あるんかな~と思います。まあ、映画の好きな人は完璧を求めるんですかね。どう感じるかぐらいしか重要視していない私の見方は浅いのかな~。

さて、つぎに何をみようかと検索していたら、DVDではなく、音楽で気になるものが、

中島美嘉の「僕が死のうと思ったのは」というショッキングなタイトルな曲。
力強い歌で、タイトルのイメージとは違い、生への思いを感じる素晴らしい曲です。また、中島美嘉のこれまでのイメージと違い、彼女が歌うからここまで良いと感じるのでは。と思わせる完全にはまっている感じがする。ヘビーローテション決定。なんか、元気が出てくるぞ。また、いい曲にであった。

あなたのような人が生きてる世界に少し期待するよ!

« 南芦屋浜ベランダ | トップページ | すし »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69527/58108301

この記事へのトラックバック一覧です: 天国からのエール:

« 南芦屋浜ベランダ | トップページ | すし »

天気

  • 天気

潮見表2

  • 潮見表2

プロレス研究会

お薦めの店

ウェブページ