2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お薦め本

好きな音楽2

美人時計

潮見表

  • 潮見表

« ジャパンカップ サーフ | トップページ | 釣り 料理 ジャパンカップダート »

2009/12/02

釣り 料理

当然の如く、今日も早朝サーフです。暗いうちに到着。車から出ると日曜日は「ドッカーン」だった波の音が「ザッパーン」ぐらいに少しトーンダウン。今日は、行けそうな気がする~~と天津木村バリにテンションをあげて、サーフへ。波は高いが、日曜みたいに波足は長くない。早速、先日購入した2000円ミノ―を試してみる。確かによく飛ぶわ。暗いうちは、周囲に誰もいなかったが、明るくなり始めると同士が点々といる。そんな中、波打ち際までミノ―が来たのでピックアップしようとした瞬間「ガツーン」とした手ごたえ。一気に沖まで走る。ドラッグがギリギリどころではなく、ギーーーーーーーーーーーーとライン出っぱなし。ロッドの締め込みもすさまじく、体ごと持っていかれそうになるのを何とか踏ん張る。少し不安だったのは、PEラインとリーダーの結び目。FGノットはまだよく分からんので、YOUTUBEで見つけたSFノットで結んでいるのだが、大丈夫か?何とか波打ち際まで持ってきたが、波が高いので一瞬ラインが緩み「バレたか?」という状態になったが、まだ付いていた。そしてなんとかランディング成功。周りに人も数人集まってきた。70cm弱のプリプリのシーバスだ。

Photo_2

寄ってきた人
一人目:「なんのルアーで来た?」、「どの辺で来た、沖目?波打ち際?」
二人目:「でかいですね」「道理でなかなか上がらなかったわけだ」そして、去り際に「おめでとうございます」

当然、後者には満面の笑みで「ありがとうございます」。
まあ、気分がよかったので、前者にも丁寧に答えましたが、魚の処理をしていると、その人は、ミノーにルアーチェンジして、今まさに私が釣った場所で波打ち際だけをルアーを通していた。(@_@;)
いたよね、中学ぐらいかな。こんな奴。友達にならないタイプだな。
そのあとは、鳥山もかなり沖目で発生していたが、さすがにジグでも届かないので、諦めて納竿。今度の日曜あたりは、さすがに波も収まっているのでは。また行こう。

当然、シーバスちゃんも料理ですわ。YOUTUBEでさばき方を探してやってみた。
Img_0225
卵もちでした。
Img_0229
なんとか捌きましたが、包丁が弱いので、骨を断つのに苦労した。やっぱり出刃包丁がほしくなった。次、釣れたら買うことに決めた。刺身はやはり匂いがきになるのでイマイチ。ムニエルはうまかった。卵は煮付けたが、イマイチだったというか、料理方法の失敗だな。修行しよ。

« ジャパンカップ サーフ | トップページ | 釣り 料理 ジャパンカップダート »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣り 料理:

« ジャパンカップ サーフ | トップページ | 釣り 料理 ジャパンカップダート »

天気

  • 天気

潮見表2

  • 潮見表2

プロレス研究会

お薦めの店

ウェブページ