2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お薦め本

好きな音楽2

美人時計

潮見表

  • 潮見表

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の13件の記事

2005/05/29

インデアンカレー

本日、いつものごとく梅田WINDSへ馬券を買いに行ったついでに、ネットで見つけた「インデアンカレー」を食べに行った。店は綺麗だが、小さく20人も入れば満席になるカウンターのみの店構え。メニューもインデアンカレーとハヤシライスのみ。入店後、レジで注文。プラスチック札をもらい席に着くと、キャベツの酢漬けが出てくる。福神漬けやラッキョは置いていない。しばらくして、カレー登場。一口口に入れると、最初甘みが口の中に広がり、その後に時間差で辛さを感じるようになる。

「美味し」

店員の感じもよく、客は次から次へとやってくるが、回転が速いのでそう待つこともないであろう。惜しむらくは、席と席の間が若干狭い。両隣に人がいるとかなり窮屈な感じで食べることになる。

これから、馬券を買いにきた時に、しばらく通うことになるな。

ハイキング

昨日、奈良へハイキングに行きました。題して「野仏に出会う当尾石仏めぐりコース」。浄瑠璃寺岩船寺を中心に全工程10Km程のやさしいコース。久しぶりに、森林浴もでき、運動不足解消およびリフレッシュ(^^♪岩船寺では鐘も撞くことが出来るので満足でした(「生かされていることに感謝して撞きなさい」みたいな事を書いていました)。おじさん・おばさんばかりで、われわれの集団で平均年齢を思いっきり下げていました。元気な人が多かったです。

奈良まではJR大阪駅より大和路快速(環状線と同じホームより出発)で40分程。意外と近いです。

日本ダービー

⑤ディープインパクト強かったです。パドックでは少し入れ込んでいるように見えたのですが、さすがですね。3冠も十分に狙えるでしょう。⑦インティライミも良い出来でしたが、相手が強すぎか。この2頭を軸に①ブレーブハート、⑬ダンツキッチョウ、⑮シックスセンスへ3連単。⑮はひょっとしてを考えて3連複も購入。

シックスセンスよくがんばった。(^_^)v

PICT0573

2005/05/22

ボーリング

本日、会社のボーリング大会がありました。スコアー的には130、110と散々でしたが、「ヒロシ」のCMで有名なピンの被りモノを被っての始球式を私が実施。これが、見事にストライク。また、ムーンライトストライクゲームでもストライクゲット。

私は、注目されると実力を発揮するタイプのようです。そういえば、一緒に行った同僚のボーリングも普段の仕事振りとリンクするような気がする。堅実にスペアー狙い(堅実な仕事)、勢いで飛ばす(ハッタリかます)、パワーはあるが、スペアー・ストライクは取れない(正確性に欠ける)等。

後輩が2位になったので、祝勝会。西宮北口のアクタの中にある串カツ屋(串王)。自分で揚げて食べるスタイル。揚げたては美味い!ランチのご飯がお代わり自由なのですが、鮭のフレークと海苔が入っており、皆3杯以上食べた。これはヒット。

オークスはシーザリオに参りました。あの位置取りだから届かないと思ったのにな~。

2005/05/21

オークス

先週の京王杯の勢いでここも当てに行く。

④シーザリオが人気だが、面白みが無いので切る。

⑦レースパイロット:カメハメハの妹。調子が上がってきているので。⑨ディアデラノビア:前走でレースパイロットに勝っている、⑩ライラプス:東京、左回り得意。この3頭に調子のいい⑯ビッグフラワー、復活を願う⑰ショウナンパントルを絡めて勝負!

2005/05/15

新世界

本日、WMFの前に新世界を観光。通天閣にのぼり、ビリケンさんの足の裏を触って、良縁を願う。その後、串かつを食いたがったが、有名どころの「八重勝」「だるま」はいつまでたっても行列が出来ているので、ずぼらやの近くの「333」という店に入る。串カツだけでなく「どて焼き」「手羽先」も名物。気のいいおばちゃんとしゃべりながら揚げたての串カツをほうばる。もちろん、ソースは二度付け禁止。キャベツはお代わり自由。ビールも良く冷えている。いい店見つけました。路地に入るので少しわかりにくいかも。

プロレスの後は、飛田新地のはずれにある「百番」という文化財に指定されている建物ですき焼きを食す。すべて個室で、趣のある部屋。他の部屋も見学させて頂いたが、いい感じ。特に2人部屋はいろいろ使えそう。すき焼きも1人前2800円とお手ごろ。酒、閉めのうどんを含んでも1人4000円ほど。一度行ってみる価値あり。

ただし、場所が飛田新地のすぐ近くなので、女性を連れて行くのは注意必要。飛田新地も一通り歩いたが、若いかわいい娘が多かった。日曜日と言うこともあり、人通りはパラパラで、選び放題。しかし、連れの一人が「こんなのは人身売買だ」とのたまうため、「見てるだけ」状態で終了。

WMF大阪大会観戦記

いわゆるFMWの名残団体。これが意外と面白かった。

第一試合が「泉州力VSランジェリー武藤」というパロディ対決。泉州力は見かけは小力よりも似ている。武藤もそこそこOK。できれば、泉州力にしゃべってもらいたかったが、トークはなし。内容的には良く出来たパロディでした。

デルフィンも出場。控えめな試合運びで遠慮しているのがわかる。つぼ原人が面白かった。

健介が友情出演。場外乱闘時は、相手がよけたら間違いなく私に水平チョップが当たるような至近距離で堪能。最後は、ガンノスケに花を持たせたが、一皮剥けたよ健介は。

京王杯、新潟大賞典

新潟は外したが、京王杯は②アサクサ、⑩オレハ、⑬アドマイヤ、⑭テレグノシスの馬連ボックスで見事1着~4着完全ド当たり!(^_^)v 久しぶりの充実感。

2005/05/08

なんとかならんか(ーー;)

前々から不快な思いをしている2つの事柄がある。

・歩きたばこ

歩くときくらい我慢できんのか?しかも、奴らは(敢えてこう記載する)火のついた部分を外に向けて持つじゃないか。すれ違うとき、火傷しないか、ハラハラする。一度、自分の手のひらで包むように火のついた部分を隠して歩いている人を見かけた事があるが、そんな人は滅多にいないだろう。駅の喫煙スペース外で平気で吸う奴もいるし、今日は、信号待ちの時に煙が自転車に乗せている赤ん坊のところに行っているのに平気で吸い続けているバカ(さらに敢えてこう記載する)もいた。たばこ自体は嗜好品で必要な人には必要かもしれんが、あまりにもマナーのなっていない人が多すぎる。平気で路上に捨てるしね。

・痰を吐く人

これは、関西に戻ってきてから、よく見るようになった。「が~~~~~、ぺっ」ってやつです。うっとうしいにも程がある。自分は痰がからまんので、全く理解できない。せめて、やるなら見えないところでやってくれ。道路の真ん中で吐くな。後ろから追い抜こうとしたときに、吐くな。連発するな。

自転車

自転車購入しました。

前持っていた自転車は、パンクを繰り返し、自分で修理していたが、最後にパンクしたとき、面倒くさくなり、そのまま放置していたら、アパートの管理部門で処分された。

今回は、20インチの折り畳み自転車にしました。デザインが気に入り、衝動買いです。久しぶりにのる自転車は爽快です。JRA口座の残高がほぼ0円となってしまったため、本日梅田のWINSまで自転車で行ってきました。片道小一時間のサイクリングで気持ちよかった。惜しむらくは、やはり20インチと言うことで、普通の自転車より漕ぐ回数が多くなり、疲れる。まあ、ゆっくりと行く分には問題ないが・・・。

最近、飲み会の回数が多いので、自転車ダイエットを決意!

体重が増えているわけではないが、飲み会の数は減らしたくないので・・・。

一笑を大切に My Life

本日、先日借りた本を返却しに図書館へ行く。「きむ」の詩を読んで以来、どうも詩が気になるようになっている。図書館の詩のコーナーを眺めていると、またもや興味深い本を発見。

「一笑を大切に:大西高広 詩画集」

路上で墨をすり、独学で勉強した書道を駆使して、色紙サイズの画仙紙に想いを込めた言葉を書くスタイル。結構かわいい字体で、スッと目に入ってくる。作品の紹介の前に「ご挨拶」があり、バックグラウンドを親切に綴っている。

お気に入りは、

「笑ってくだけろ 心の持ちようです。」

「君が悲しいと僕も悲しい 関係ないことあらしません。」

言葉の力ってすごいね!

NHKマイルカップ

③セイウンニムカウから幅広く流していたが、またもや度外れ!

牝馬×牝馬で決まりとは・・・・。

泥沼のGⅠ連敗中。

2005/05/01

あなたが生きる今日が素晴らしい:闘魂レシピ

先日、近くの図書館の駐車場を使用するついでに、何か面白そうな本はないかと図書館を探索。結構、料理・食品関係の本が充実しているので、今後も使ってみよう。

そんな中、気になった本を2冊紹介します。

・闘魂レシピ:アントニオ猪木

結構まともな料理本で、猪木さんのこだわりの料理がわかり易く紹介されています。ブラジリアンオムレツが美味そう。以下、心に残ったフレーズを一部紹介しておきます。

「生卵だけなら80円。それを焼けば800円になる。それがコックの腕だ。」

「料理はアレンジするな。本当は自然の恵みをそのままの味で食うのが一番なんだ。いろんなものを加えれば加えるほど、本来のうまさから遠ざかる」

「食べることは心を開くこと」

「どうして人は喜んだり、怒ったり、悲しんだりするのでしょう?人の身体の70%は水で出来ている。その水は食塩水で、いわば海を身体の中に持っているようなものだ。海であれば、さざ波があり、嵐があり、引き潮があるのは当然ではないか」

「元気があれば何でも出来る。元気になるには、まず食べること。」

・あなたが生きる今日が素晴らしい:きむ

キムキム兄さんではない。表紙にインパクトのある子供の泣き顔。つい手にとってしまった。いわゆる「詩」というやつか。著者のプロフィールを見ると1980年生まれ(おいおい一回り違うじゃないか)、2000年路上でポストカードを売り始める(この手の奴か~(ーー;)。よく路上で若造が人生訓のようなものを書きなぐったものを売っているが、個人的には大嫌いだ。「魂のこもっていない言葉遊びでは魂は揺さぶられない。」「自分なりの経験則というものを持っているか?」という偏見を持っていたが、読み進むうちに、「あるあるこういう気持ち」的内容で共感を覚える。ネット上で調べると、結構人気があるようだ。

お気に入りは

「いつもそこで かわらず ありのまま あなたらしく ただ笑い ただ泣き ただがんばる あなたがいい 心のまま 生きる あなたがいい」

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

天気

  • 天気

潮見表2

  • 潮見表2

プロレス研究会

お薦めの店

ウェブページ